ニュース

第67回全国高等学校PTA連合会静岡大会 1日目

2017.09.04 全国

第1日目 8:30~9:30 受付、高校生アトラクション

イメージ

 

ついにやって来ました静岡大会。広大な公園の中に、会場であるエコパアリーナの姿が目に飛び込んできました。まず、大きさに圧倒されます。さらに、この日は、36度を超える気温で、まさに静岡の皆さんの熱気と参加者の熱気が合わさって、大会が始まる前にして、すでに熱気ムンムン!
受付は各地区毎、バスが到着する度にドンドン行列が長くなります。暑い!
受付の横には、地元静岡の名産品ブースが並び、どれをお土産にしようか品定め。

 

イメージ

 

続いて、静岡県立横須賀高校の郷土芸能部の皆さんによる郷土芸能の披露!
伝統芸能と若さと笑顔の融合。見ているこちらがエネルギーをもらいました。

第1日目 第1日目 9:40~10:40 開会式、表彰式

開会式では、まず杉浦実行委員長が大会に込めた思いを熱く語った後、牧田全国高P連会長から式辞としてシンガポールと我が国の教育の比較などを通して大会テーマ「有徳の人づくり」の重要性が語られました。御来賓の林文部科学大臣と川勝静岡県知事から示唆に富む御挨拶をいただいた後、優良PTAや永年の功労者に対する表彰式が行われました。「利己より利他、PTAで学んだことを伝えていきたい」との佐野全国高P連前会長の代表謝辞が心に残りました。

 

イメージ イメージ
イメージ イメージ

第1日目 10:50~12:00 基調講演

静岡大学名誉教授小和田哲男氏の「戦国武将に学ぶ子育てと人づくり」と題した講演を拝聴しました。
NHK大河ドラマの時代考証をご担当されていることもあり、書物から読み解いた戦国時代の教育、子育て、人づくりをわかりやすく、ユーモアを交えて伝えていただきました。
学校のない時代、寺子屋のない時代に歴史に登場する人物、武将がどのような形で教育を行っていたのかあるいは人づくりのために人々はどうしていたのかをご講演頂きました。

 

イメージ

第1日目 12:10~14:00 昼食、高校生アトラクション

イメージ

 

元高校生によるアトラクションは、日頃聞くことがない箏やマーチングバンドなど、大変迫力のあるすばらしいパフォーマンスでした。アトラクションをご覧になった参加者の方々は大変感動されたと思います。

第1日目 14:00~16:30 分科会発表  全国高P連研究発表

 

基調講演 パネルディスカッション
イメージ イメージ

第1日目 14:00~16:30 分科会発表  第4分科会

イメージ

 

家庭教育とPTA~「有徳の人」を育てる家庭教育の充実~をテーマに、北海道・東京都・兵庫県・香川県の4校の方々から発表を頂きました。「各校でのPTA活動の中で活動を経験してみると子どもとの関わりも広がり、保護者同士の繋がりも深まり、親の活動・親の背中を見せることで子ども達が成長していくことを感じられる。また、学校・地域との関わりの中でも子ども達が経験を積み、人間力を身に付けていることを感じられる。家庭においては、親子の会話を大切にし、共通の話題を見つけることでお互いの理解を深めて行くことを大切にしている」、という内容でした。

第1日目 15:00~17:30 分科会発表  第3分科会

イメージ

 

第3分科会は静岡市市民文化会館大ホールで1500人余りの参加者で生徒指導とPTAをテーマに開催されました。
千葉県、富山県、愛知県、熊本県の4校のPTAそれぞれが独自の活動をされており、想像もつかなかった事例発表をお聞きし、驚きと同時に、わがPTAでも取り入れたいと思いました。
それぞれの地域の活動をお聞きし大変参考になりました。

第1日目 15:00~17:30 分科会発表  特別第2分科会

特別第2分科会は、冒頭の基調講演からまさに「松香ワールド」。英語を使ったゲームや自己紹介体験などにより、会場内の英語使用に対する意識のハードルを一気に引き下げ、保護者や学生が加わったパネルディスカッションでは、若者のグローバル教育に対する本音や将来の夢を松香先生が見事に引き出し、それを堂々と披露する大学生と高校生の姿も頼もしく思われました。会場とも意見交換が行われ、参加者全体で課題共有ができました。

 

イメージ イメージ