賠償責任補償制度

全国高P連賠償責任補償制度について

制度の概要

この制度は、生徒またはPTAの加害事故を補償するもので、生徒は24時間、PTAはPTA活動中の事故が対象となります。
契約手続きは、一般社団法人全国高等学校PTA連合会が保険契約者となり、PTA単位で全員加入していただく仕組みとなっており、これによって、全国一律の掛金での補償を実現しています。
なお、都道府県等で独自に行われている各種の補償制度(主に生徒の被害事故を補償)とできるだけ重複しないよう、この制度の補償内容は加害事故のみに限られています。

高額支払事故事例

年度 支払い金額
(千円)
事故内容
平成17年度 48,490 広場で打ち上げ花火をしている途中、携帯を見ている友人に向かって花火を発射。顔面に直撃し片目を失明させた。
平成18年度 36,295 自転車で坂道を下っていた際、第三者と衝突し転倒負傷させ、後遺障害を負わせた。
平成19年度 87,915 無灯火の自転車で歩道を走行中、後ろから人に追突し転倒させ、脳挫傷により要介護状態となり、死亡させた。
平成20年度 27,252 自転車で道路を横断しようとした際に、道路直進中の自転車と接触し、後遺障害を負わせた。
平成22年度 30,494 自転車で歩道を走行中、反対側から来た歩行者と衝突し、頭を強打させ、死亡させた。
平成23年度 48,581 自転車で歩道を走行中、歩行者と衝突し、転倒させ、外傷を負わせた。
平成24年度 40,206 自転車で歩行者・自転車専用道路を走行中、歩行者と衝突し、脳挫傷を負わせ、死亡させた。
平成24年度 20,040 体育の授業中、ゴルフの練習中にゴルフクラブが友人の左目にあたり失明。
平成25年度 20,008 自転車で路地から大通りに出る際、イヤホン使用で走行の自転車に接触し相手に骨盤骨折を負わせた。
平成25年度 23,602 自転車で歩行者に後ろから衝突し、脳挫傷を負わせ、死亡させた。
平成26年度 26,253 自転車で通学中、脇見運転で前方歩行中の相手に衝突し、脳挫傷、急性硬膜下血腫などを負わせ、入院後死亡させた。
平成26年度 12,492 スマートフォンを操作しながら自転車で登校中、前方不注意で杖をついた高齢者に後方から接触し、頭を強打し死亡させた。
平成28年度 12,759 自転車での下校中、自宅から出てきた歩行者と衝突し、右膝に可動域制限が生じる怪我を負わせた。

<このホームページは、保険の概要についてご紹介したものです。ご加入にあたっては、必ずパンフレット等をよくご確認ください。ご不明な点等がある場合には、引受保険会社までお問い合わせください。>